肌が綺麗になる洗顔方法!洗顔の正しいやり方3つのポイント

脂漏性皮膚炎,顔,かゆい,スキンケア 肌が綺麗になる洗顔方法

肌が綺麗になる洗顔方法,正しい洗顔の仕方

肌が綺麗になる洗顔方法って気になりますね。

健康で健やかな美肌を保つためには“正しい洗顔のやり方”が基本になります。

 

肌荒れや敏感肌、脂漏性皮膚炎(湿疹)で悩んでいる方は

《肌が綺麗になる洗顔方法》が知りたいと思いますが、、

 

その為には、はじめに肌に負担をかけない正しい洗顔方法のやり方を知ることが大切です。

 

肌に優しい正しい洗顔方法と今やっている洗顔方法を比べてみて間違いを探してみてくださいね。

 

 

正しい洗顔の3つの基本

正しい洗顔方法は、逆に言えば肌に負担をかけない洗顔・傷付けない洗顔といえますが

それには、やってはいけない3つのポイントがあります。

  1. こすらない
  2. 洗い過ぎない
  3. 強い洗顔料を使わない

 

もともと健康な肌だったのにスキンケアを一生懸命にやった結果、、、

肌の調子を悪くするのは、間違ったスキンケアが【原因】の場合が多くあります。

 

健康な肌は表皮の【皮膚常在菌のバランス】と

肌の乾燥を防ぐ【皮脂の分泌】を整える事が大切です。

 

《肌が綺麗になる洗顔方法》は【皮膚常在菌】と【皮脂の分泌】を整えて

肌の生まれ変わる【ターンオーバー】を正常化して維持していくことなんです。

 

洗顔の正しいやり方①ぬるま湯で洗う

洗顔時のすすぎには【熱め温度】や【冷たい水】は、おすすめしません!

 

その理由は?

顔の皮脂は約【33℃】あれば溶け始めて洗い流せるので

【34℃~36℃】のぬるま湯であれば十分です。

 

冷たい水では【皮脂汚れ】が落ちにくく

温度が高ければ、皮脂を必要以上に洗い落として【乾燥】するので

洗顔後に皮脂が多く分泌する【原因】になってしまいます。

 

人肌より少し冷たいくらいのぬるめの温度がおすすめです。

 

洗顔料は無添加がおすすめ!

市販の石油系の界面活性剤を使用した【洗顔料】や洗顔フォームは、おすすめしません!

 

その理由は?

市販の洗顔料(フォーム)には、ほとんどの商品に石油系の界面活性剤が使われています。

洗浄力が強く洗い上がりは、サッパリして気持ちいいのですが、、、

 

肌を乾燥から守る天の【皮脂膜】を必要以上に洗い落としてしまい

どんなにすすいでも洗浄成分が肌に残ってしまうので、、、

 

顔のかゆみや赤みを悪化させてる【原因】になってしまう場合があります。

 

特に敏感肌や顔の脂漏性皮膚炎(湿疹)の方は、無添加オイルフリー

無添加の洗顔料や洗顔フォームがおすすめです。

 

顔の脂漏性皮膚炎(湿疹)で顔のかゆみや赤みがひどい時や治らない方は、

まずは皮膚科で診てもらい処方薬を併用しながら

 

脂漏性皮膚炎の原因菌のマラセチア菌を殺菌する抗真菌タイプをお試しください。

 

抗真菌タイプの成分が合わない方は、抗真菌成分が合わないので殺菌成分未使用の

無添加オイルフリータイプの肌に優しい洗顔料がおすすめです。

 

 

肌が綺麗になる洗顔方法》は【洗浄成分】【洗い方】【保湿】の3つがポイントになります。

 

 

 

 

コメント